復縁したいならこれだけは厳禁!トップ5

恋の悩み

復縁したいと願う方の多くが「復縁したいならやってはいけないこと」をして、余計に相手との距離を開けてしまっています。

そこで今回は恋愛カウンセラーに、復縁したいなら絶対やってはいけない5つのことを教えてもらいました。

あなたもついついやってしまっていませんか?

その1:頻繁に連絡を取る

ほとんどの方が最初の手段として、 LINEや電話、メールなどで頻繁に「復縁したい」と伝え続けてしてしまいます。ですが、そもそもフラれてしまっている状態で「復縁したい」と言い続けても、相手の気持ちは変わりません。もうその気持ちは伝わらないから別れに至っているのです。何も変わっていないのに自分の要求ばかりをぶつけると、相手にとって元恋人という存在だったあなたが、徐々に面倒な人・うざい人へと変わっていきます。更に連絡を取り続ければ、怖い人、気持ち悪い人。そこから更に連絡を取り続ければ、最終的にブロックされる道しか残らなくなってしまいます。

その2:共通の友人から探りを入れる

学校や会社などのコミュニティで出会って交際していた場合、共通の友人から探りを入れる方も多いです。相手の今の情報を集めたいからといって直接連絡を取ると「その1」になってしまうため、共通の知人から探りを入れて情報を得ようとするのです。ですが結局は共通の友人や同僚なので、探りを入れられていることが相手に伝わってしまいます。相手は「直接自分に聞かずに周りに聞きまくっている」と感じ、あなたに対してジメッとした陰湿な印象を持ちます。「後ろから回って何かしようとしている」という気持ち悪さや怖さが倍増してしまうのです。

その3:SNSをチェックする

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどSNSをチェックしてしまう方もとても多いです。SNSを見ること自体は相手に影響を与えることではありません。ですがSNSを見ることによって本人の精神衛生に悪い影響があります。復縁希望者の根底には執着心があるので、すごい集中力で鬼のようにSNSをチェックします。ツイッターで誰かと繋がっていたとか、リプライの回数や、インスタで写り込んでいる手が異性だったとか、別の角度の写真が〇〇さんにも上がっていた、など普通の人なら気づかないようなことにも執着し、掘り過ぎて焦りを感じます。恋人でもないのに「誰と遊びに行っていたんだろう?」と気になって、「その1」の行動を取ってしまいます。「あのリプライはどういう意味?」「インスタに載せていたのは1人で行っていた角度の写真じゃないよね?」などと聞いてしまったら、速攻でブロックされて復縁の可能性は0になります。SNSをチェックすることは情報を集める手段としては良いかもしれませんが、精神状態が不安定になって暴走してしまうケースが多いのでオススメしません。

タイトルとURLをコピーしました